女性の腟カンジダの発症原因

不快感がある女性

女性の膣カンジダは、誰でも罹患する可能性のある、とても不快な症状をもたらす病気です。
女性が発症する割合は約20%で、5人に1人が経験する計算になります。
たくさんの女性が、生涯に一度は経験するポピュラーな病気です。
膣カンジダは、一度発症すると大変しつこく、なかなか完治しないうえに、何度も繰り返します。

女性の膣カンジダの原因は、カンジダ菌という真菌(カビの仲間)です。
カンジダ菌は、皮膚や腸にも存在している、もともと体にいる菌で、何かのきっかけがあれば繁殖し、膣カンジダを発症します。
きっかけとなるのは、風邪や疲労、長期的なストレス、厳しい食事制限などの無理なダイエットといった、日常生活の中で免疫力が低下した時です。
また、繰り返してしまうのは、生理前の女性ホルモンの変化や抗生物質の服用、妊娠、糖尿病が原因となります。

女性の膣カンジダの症状は、典型的なもので「外陰部のかゆみ」と「カッテージチーズ状のおりもの」です。
特に、膣およびその周辺部のかゆみは強く、ひどくなれば、掻いてしまったり、歩くだけ、座るだけで強い痛みが出ることもあります。
また、粘度のある、白いカッテージチーズ状のおりものは、下着をすぐに替える必要があるくらい分泌量が多く、においが出ることもあります。
膣がヒリヒリしたり、刺激があったり、熱を帯びることもあり、ひどい場合は外陰部の皮膚に発疹や発赤が出ることもあります。

女性の膣カンジダは婦人科を受診しますが、自己感染の真菌ではなく、単に雑菌によるかゆみの場合もありますので、カンジダ菌によるものか、検査をして特定する必要があります。
婦人科を受診した場合の治療は、膣内に抗真菌薬の錠剤を入れたり、膣洗浄を行います。
外陰部にかゆみがある場合は塗り薬が処方されます。
自分で錠剤を入れることができない人は、通院することもあります。
少しでもかゆみやおりものの変化があれば、早めに婦人科を受診する方が良いです。

腟カンジダにならないために注意すること

日常生活の中で、膣カンジダにならないようにするには、常に清潔にすることが大切です。
不潔な状態を長く続けると、カンジダ菌だけでなく、他の雑菌も繁殖してしまいます。

まず、下半身を蒸らさないことが大事で、通気性を良くすることがポイントとなります。
カンジダ菌は温かく湿った場所を好むので、膣内や外陰部はまさに、体温や湿度があり、カンジダ菌にとってとても住みやすい環境です。
生理中にひどくなることが多々ありますが、その原因は蒸れにあり、毎月の生理で、紙ナプキンを布ナプキンに変えるだけでも症状は落ち着きます。

また、洗いすぎは良くありません。
清潔にしなければいけないと思い、石鹸や強い洗浄力のボディソープを泡立てて、外陰部をしっかりと洗う人がいます。
しかし、他の良い作用をもたらす菌まで洗い流してしまうことになり、膣内の自浄作用が落ちてしまいます。
洗う時は、洗浄剤を使用せず、シャワーで軽くすすぐ程度で十分です。
シャワートイレのビデの使いすぎにも注意が必要です。

女性の膣カンジダの大きな原因である、体力や免疫力を落とさないこともとても重要です。
生活の基本である食事や睡眠に十分気をつける必要があります。
砂糖の過剰摂取や炭水化物の多いメニューは避け、抗生物質の服用はできるだけ避ける方が良いです。
寝不足は体力や免疫力に影響するため、しっかりと睡眠を取りましょう。
免疫力を高めるためには、玉ねぎやにんにくなどを食べることも良いです。
また、血糖値を安定させるのも大切なことです。

免疫力を下げる薬を服用している場合は、医師と相談して、原因となる薬を見直す必要もあります。
自己判断で中止することができない薬もありますので、必ず担当医の指示に従いましょう。