咽頭クラミジアの症状とは?

咽頭クラミジアはのどに感染する性病の一種で、比較的症状が軽くなかなか自覚できないのが特徴です。
その症状は喉が痛くなったり咳が出やすくなるなど風邪に近いものがあり、異変が起きても風邪と勘違いをしてしまうこともよくあります。
市販の風邪薬で治療しようとしても勿論治療できないので症状をずるずると引きずってしまいます。
耳鼻咽喉科に行ってもその症状の類似性から風邪と扱われることもあるので、喉の性病の検査をしない限り判断することが出来ず、きちんとした治療を受けることは出来ないでしょう。
喉の腫れや発熱などを扁桃腺と誤診され、抗生物質を処方しても症状が治らないことから初めて咽頭クラミジアと判断されることもよくあります。

咽頭クラミジアは主にオーラルセックス(口を使用した性行為)で感染します。
クラミジアは極小サイズの最近で感染力が非常に強いので、性器に触れることがなくても咽頭クラミジアを患っている相手とディープキスをしただけでも感染している可能性があります。
コンドームを使用していても感染する可能性があるので注意が必要です。
調査する期間によっては結果を郵送ではなくWeb上で確認することができるので、家族には内緒で検査をしたい場合にも安心して受けることが出来ます。

咽頭クラミジアは水道水でうがいをした液体を調べるだけで検査をすることが可能です。
症状が出ていない状況でも感染した翌日から感染しているか反応が出るので、心当たりがある方は一度検査をしてみることをお勧めします。
性病クリニックに行くのが恥ずかしいという方でも性病検査キットを利用することで問診もなく、匿名で受けることが出来るので気軽に検査を受けることが出来ます。

性病は自分だけの問題ではなく大切なパートナーに感染させてしまう可能性があります。
症状が軽いからと言って放置して良いものでは決してありません。
きちんと検査をして適切な治療を行うことが重要です。

咽頭クラミジアの治療法

咽頭クラミジアは放置していても体の免疫力のみで治癒することは難しく、自然治癒することはほぼありません。
クラミジア・トラコマチス菌を除菌することが必要で、治療方法は抗生物質を経口服用するか点滴で投薬します。
性病科や泌尿器科ではなく耳鼻咽頭科での治療が一般的です。

抗生物質にはいくつか種類があり、マクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキノロン系の3種類がおもに使用されています。
喉へ感染したクラミジアは性器に感染した場合よりも治りにくく、性器が1週間ほどで完治するのに対し咽頭クラミジアは喉へ抗菌剤が届きにくく2、3週間かかります。
感染初期段階での治療は比較的完治しやすいですが、長く放置していた場合は治りが遅くなる傾向にあるようです。
また、完治したかも判断しにくいので必ず検査を行い完治を確認する必要があります。
確認をせずに放置し菌が残っていた場合は症状もわかりにくいのですぐにラミジア・トラコマチス菌が増殖し、口の中にはさまざまな細菌がクラミジア・トラコマチスが遺伝子の交換を行うことにより抗生物質に対して耐性を持ってしまう可能性があります。
そのことから咽頭クラミジアは早期に発見をしきちんと治療することが大切です。

完治してからも再発してはいけません。
再度咽頭クラミジアに罹らないためにもきちんと予防する必要があります。
特に風俗に行く場合は感染するリスクが高いのでむやみに性行為を行うのは危険です。
オーラルセックスだからといって性病に罹らないわけではないので十分に注意をはらう必要があるでしょう。
細菌は不衛生な環境ほど繁殖しやすいので性行為をする際はかならず清潔な状態を保つようにすることも肝心です。