口腔カンジダ症の原因と治療法

口元を押さえる女性

口腔カンジダ症の原因は、おおよそ、体力低下、体調不良にあります。
また、抗生物質や、ステロイド剤を長期にわたって使用している時にも、それが原因として発症することがあります。
カンジダ菌は人間が体の中にもともと持っている菌なのですが、先程言ったように体調不良時に増殖してきます。
口腔カンジダ症というのは、大きく分けて二つあります。
偽膜性カンジダ症と萎縮性カンジダ症です。

偽膜性カンジダ症は口の内側の頬、舌、唇に白いコケ状のものがついて気づきます。
痛みはほとんどありませんが、はがそうとすると、はがれるけれど、はがした後は赤く痛くなってしまいます。
そのままにしておくと口の中に広がっていきます。
偽膜性カンジダ症には、肥厚性カンジダ症もあります。
カンジダ菌が上皮に入り込み、分厚い皮のようなものを形成してしまいます。
変な固まりが出来たと気づいて通院されることがほとんどです。

もうひとつの口腔カンジダ症の萎縮性カンジダ症は、口のなかは白くなりません、赤くなります。
舌の乳頭が萎縮性カンジダ症になると味覚障害が起きてしまいます。
人工歯、義歯の下側の粘膜に出ることが多く、ヒリヒリ感があります。
カンジダ性口角炎もあります。
口角が赤くただれます。

治療法は飲み薬やうがい薬となります。
偽膜性カンジダ症や萎縮性カンジダ症といった口腔カンジダの原因が体力低下、体調不良なので、体力を回復させることが治療と言えます。
睡眠をよくとり、栄養もしっかり摂る事です。
そうすれば次第に症状は治まり、体の中の様々な菌のバランスもとれてくるでしょう。
しかし、あまりに悪化した口腔カンジダ症の偽膜性カンジダ症や、萎縮性カンジダ症は、医師に頼らなければなかなか治っていかないでしょう。
命に係わる事ではありませんが、気になる場合はかかりつけの内科のお医者さんや、歯科のお医者さんに相談しましょう。
口の中の健康状態にも普段から気を配ったほうが良いですね。

口腔カンジダ症の予防法とは

口腔カンジダ症の原因が体力低下、体調不良、抗生物質の長期使用によるものだと言いましたが、他にも、体に大きな病気が隠れている場合にもなる事があります。
特に不調はないけれど口のなかがおかしいと感じたら、体全体の検査をしてみる必要もあるかもしれません。
予防法は体を整えることと、もちろん口の中をきれいにすることです。
食事の後は歯磨きをし、歯ブラシだけでなく歯間ブラシを使って歯と歯の隙間などもきれいにすることを心がけましょう。
人工歯、義歯のところは特に念入りに磨きましょう。
そして、デンタルリンスも食事の後の歯みがきの仕上げにはしておきましょう。
口腔カンジダ症の原因となるカンジダ菌は誰にでもあるものですから、普通は移ることはありません。
しかし、相手が体調が悪い場合は全く可能性がないわけではありません。
ですから、口腔カンジダ症であると気づいたり、診断が下されたら、タオルは別にし、食器も別にしましょう。
仲の良い恋人同士、ご夫婦でも、治るまでは粘膜の接触は避けた方がよさそうです。

口腔カンジダ症の始まりは体の疲れからですが、どんな病気も体力低下時に忍び寄ってきます。
一年中、元気でいることは難しいですが、今日は調子がもう一つだと感じたら無理をしすぎず早目に帰宅をして自分をいたわることが大切です。
熱がなければ温かいお風呂で体の汚れを落としてリラックスし、きれいに歯磨きをしてお布団に早目に入ってやすみましょう。
痛くない偽膜性カンジダ症は気づきにくいのでいつの間にか進行することがあります。
口のなかも歯磨きのたびに点検して、衛生面に気を付けて消化の良いもので栄養を取ってリラックスを心がけ、健康を維持していきましょう。