トリコモナス症についての紹介

トリコモナス膣炎とは現在でも多くの人が感染している性感染症のひとつです。トリコモナス症と呼ばれることもあり、病原体である原虫の膣トリコモナスが原因となって発症します。

トリコモナス症を発症すると女性は膣の炎症、子宮頚管の炎症、排尿痛を起こす尿道炎やおりものの異臭と言った症状を引き起こします。男性は女性に比べて症状は軽い傾向にありますが、性器の痒みや尿道炎を発症します。

トリコモナス症は性行為によって感染することが多い性感染症ですが、病原体となる原虫は水が存在していれば一定期間は生存し続けることができるという特徴があります。したがって感染力が高いため銭湯やプールといった公共の場所で感染してしまったり、家族間のタオルの共用でも感染する可能性があります。

女性は発症すると排尿痛、性交時の痛みやおりものの悪臭等のように顕著に症状が現れるため、比較的気づきやすいという特徴がありますが、男性は症状が軽いことが多く、場合によっては症状が出ないこともあります。このため男性が自身の感染の自覚がないまま性行為を行い、パートナーに感染させてしまうことがあります。パートナー、特に女性の感染が確認された場合は、男性側の感染の疑いが認められます。

トリコモナス症の治療方法について

トリコモナスの治療はメトロニダゾールという治療薬が多くの場合使用されます。万が一体内に残留していた場合再び繁殖し再発のリスクがあるため、病原体であるトリコモナスが体内からしっかり駆除されるまで治療薬の服用を続けます。

また、感染が確認された場合はパートナー同士で治療を行い、完治が確認されるまで性行為を控えることでより確実に治療することができます。一方のパートナーが完治していても、もう一方のパートナーが感染していた場合性行為などが原因となって、再び感染してしまう可能性があります。

また、妊婦さんが感染してしまっている場合、治療薬の服用によって、胎児に治療薬の成分が届いてしまいます。こういった薬品は胎児には刺激が強いため、できるだけ胎児へ成分が届くことは避けたほうが安全です。したがって妊婦さんは膣錠の使用といった経口治療とはまた別の方法で治療を行います。

トリコモナスはコンドームの着用によって性器間での感染のリスクを下げられる他、個人別々のタオルを使用したり、風呂場やトイレの清潔を保つことでも予防できます。

トリコモナスはしぶとく感染し症状をもたらす病気ではありますがしっかりと対策を行えば感染のリスクを下げることができ、また治療期間を短くすることができます。

今回はトリコモナスについてざっくり解説してきました。今後、原因や症状、治療方法などを更に詳しく掘り下げた記事を投稿する予定です。