トリコモナスは男性にも感染するの?

トリコモナスとは、膣に潜伏するトリコモナス原虫が原因で、女性の膣で繁殖をし非常に強い痒みや泡状の黄緑色の悪臭のある、おりものが出る膣炎を言います。
原虫と言っても非常に小さいので目で見る事は出来ません。
顕微鏡で見るとゾウリムシのような形で長い尻尾があります。
その尻尾で移動をしています。
女性の膣のように湿っている場所を好むので乾燥した場所では生きられません。

このトリコモナス原虫に感染する主な原因は、コンドームなしでの性交渉にあります。
またオーラルセックスでも感染してしまいます。
潜伏期間は1週間ほどで、この期間は無症状なので知らずに、他の相手に感染させてしまう事もあります。
また稀にではありますが、公共の浴場や公衆トイレなどで感染した事例もあります。
タオルの共有や、感染者と入浴する事で感染してしまう例もあります。
ただしキスをしただけや、食器を共有したり一緒に食事をしただけでは移る事はありません。
男性の場合には前立腺炎を併発する事も多いので、男性尿道炎(尿から膿が出る)排尿痛などの多くはトリコモナスが関係していると言われています。

予防するにはコンドームを装着することです。
女性の方が症状は重くなりやすく、男性は症状が出ない事もあります。
症状が出る場合には、尿道の痒みや痛み、灼熱感などがありますが、ほとんどの男性は無症状の事が多いのです。
また、トリコモナスは男性同士では感染はしません。
男性と女性の間での感染となります。

感染してしまったら、必ず婦人科を受診して適切な処置を受ける必要があります。
また男性の場合、無症状であっても相手の女性が感染した場合には、感染している可能性が高いので、一緒に治療を受ける事になります。
男女ともに内服薬での治療を受け、女性は更に膣洗浄や膣剤の併用で徹底的に原虫を排除していきます。
再発する事も多いので、完全に体から原虫を追い出すまでは性交渉をするたびに感染を繰り返してしまう事になります。

トリコモナスを放置しておくとどうなる?

この病気の怖さは症状が出にくいこと(特に男性)また、一度感染してしまうと治療をしない限りは、体内でずっと生き続けてしまうという点です。
そしてその原虫を持った男女が性交渉により、次から次へと感染をさせてしまうのです。
お互いが別の相手から相手へと感染させてしまう場合もあり、また同じパートナーどうしでも片方しか治療をしなければ、また同じ相手に再度感染させてしまう繰り返しになります。
これを放置すると女性の場合には、炎症が腟から卵管まで及び細菌性腟症不妊症や早産を引き起こしてしまう事もあります。
更に妊婦が感染してしまうと、産まれた新生児に(主に女児に)感染してしまう心配があります。

トリコモナスは自然に治ることはありません。
また、抵抗力が低下した時に体内に残っていた原虫がいる場合には再び発症してしまいます。
エイズや、前立腺がんにかかるリスクも上がると言われています。
治療法には内服しかありませんが、現在市販での内服薬は販売されていません。
自宅で検査の出来る検査キットは通販で購入する事が出来ます。
主に尿検査で分かるようですので、判断に迷う時には利用しても良いでしょう。

また、処方薬での治療中には飲酒により薬の効果が弱まったり、酔いが回りすぎてしまうなどの副作用が出るので、飲酒は出来ません。
男女ともに2週間ほどは完全に禁酒が必要となります。
男性は、風俗などで感染をしてしまい、それに気づかないまま潜伏期間の間に、性交渉によりパートナーに感染させてしまう危険性もあります。
トリコモナスの感染はそのほとんどが、性交渉から感染するので、むやみにコンドームなしでの性交渉をするのは、男女ともに絶対に避けるべきでしょう。