クラミジアの原因と感染経路について

性感染症の1つにクラミジアがあります。
感染者数が多いことでも知られており、実際、厚生労働省が定めた定点医療機関980院による報告数では24,450人と最も多く、患者数の半分をしめています。
クラミジアは性感染症の中でも代表となる病状の1つですがクラミジア属としては4種類が確認されており、そのうちヒトに病原性があるものとしては3種類が該当します。
全ての病原体が性感染の症状を現すわけではなく、3種類のうちトラコーマクラミジアのみが性器クラミジアや咽頭クラミジアの原因になります。

トラコーマクラミジアは0.5μm程度の大きさを持ち、電子顕微鏡でもようやく確認ができるレベルとなります。
特徴としては動物の細胞の中でしか生き延びることができない点があり、つまり、感染経路を疑う場合には、原因として、粘膜の接触以外は考えられないことになります。

感染力が非常に高いことも特徴の1つであり、一度の性行為で感染する確率は50%とも言われています。
一方、感染力は菌の量や接触時間などで異なり、例えばコンドームなどの避妊具を使用することで感染リスクを抑えることが可能になります。

クラミジアの厄介なところは自覚症状が少ないことがあり、男性では5割、女性に至っては8割が無症状だともいわれています。
自覚症状が出にくいことから高い感染率につながっており、少しでも異変を感じた場合にはできるだけ早く医療機関で処置をする必要があります。
性器クラミジアにおける症状は、男性の場合には感染して1週間から2週間の間で自覚症状がでることになり、排尿時に痛みや不快感を感じることになります。
そのまま放置をしてしまうと尿道から前立腺、睾丸へと菌が奥へと進んで行きます。

女性の場合には感染をしてから2週間から3週間程度で自覚症状が現れます。
女性では膣の奥や子宮の入り口部分が最初に感染をし、膣内の炎症とともに、おりものの増加や、性器の痒み、きつい臭い、性器の傷みを発症します。
菌が奥へと進むことで、子宮内膜炎や卵管炎、腹膜炎を起こすケースもあり注意が必要になります。

感染経路は主に性行為

性器クラミジアや咽頭クラミジアの原因となるトラコーマクラミジアは、偏性細胞内寄生生物であるため動物の細胞内でしか生きることができません。
そのために感染経路の把握では粘膜の接触しか考えられないことになります。

感染経路で最も可能性が高いものとしては、大きく5つを挙げることができ、まず、ノーマルセックスがあります。
この場合、膣と尿道が接触することで感染をすることになり、分泌液に触れただけでも感染してしまうために注意が必要になります。

アナルセックスも感染経路の1つになります。
菌は直腸粘膜にも存在しており、接触をすることで感染をします。
オーラルセックスも同様であり、感染をしている性器から咽頭、逆に咽頭から性器へと感染をします。
また、性器接触をしなくても感染をするケースがあり、相手が咽頭感染をしている場合にはディープキスも原因となることを理解しておく必要があります。

感染経路では外部からとなるケースが非常に多く、まず、パートナー双方に問題が無ければ感染をすることは100%ありません。
しかし、風俗店などで性行為をした場合などでは知らないうちに移されることが多く、不特定多数との性行為は十分に注意をする必要があります。
性感染症に関しては基礎知識を理解しておく必要がありますが、よくある内容として心配が無いケースでも不安に感じてしまうことがあります。
まず、性行為以外の日常生活においては感染の危険性は極めて低く、例えば、海やプール、風呂・温泉、タオルの共有、トイレの便座、コップやペットボトルの回し飲みなどでは感染をすることはありません。

クラミジア感染症では、感染をしていると判断されても原因が全く分からない場合があります。
しかし、クラミジアの特徴から感染には必ず粘膜や粘液による接触があり、何らかの性的行為が原因にあることを理解しておく必要があります。