カンジダに効く市販薬をご紹介!

カンジダは、主に膣の痒みや、白いカッテージチーズのようなおりもので、気が付く事があります。
悪化すると皮膚が赤く腫れてヒリヒリと痛みが出てくることも。
ほとんどが風邪や過労、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどの免疫力の低下などによるものです。
もともと、カンジダ菌というものは、常在菌として膣内にはあるのですが、体力の低下や抗生物質の長期連用などで、カンジダの原因である白癬菌が悪さをするのです。

膣だけではなく、口内などに出来る事もあります。
体の抵抗力に関係するので、性交渉のない女性でも発病する可能性はあります。
また、何度も繰り返す場合には不妊の原因になる事もあるので注意が必要です。

カンジダは、早めに産婦人科に行くことが望ましいのですが時間がない人や、診察をためらう方の為に、最近では、市販薬でも手に入れる事が可能です。
ただし、この場合でも再発の時のみで、さらに購入の際には、薬剤師との相談の上での購入となります。

カンジダの市販薬には座薬タイプのものや、軟膏のタイプがありますが、やはり効果的なのは膣内に挿入する膣錠です。
就寝前などに膣内に入れる事により、体温で薬剤が広がり膣内にとどめておくことにより、白癬菌などを殺菌してくれるのです。
軟膏タイプでは一日数回患部に塗って痒みの症状を緩和させるのが目的ですが、膣錠との併用が必要です。
また、ネット販売の市販薬では、内服薬なども購入することが出来ますが、あまり自分で勝手な判断はやめた方が良いでしょう。
カンジダは、きつすぎる下着などで締め付けたりすることで再発することがあるので、なるべく通気性の良い下着を選ぶ事が大切です。
また、再発を繰り返す場合には、糖尿病などの内臓疾患が原因のこともあるので、再発の度に市販薬での対処はしないで、他の症状もある時には、やはり内科や婦人科の、受診をした方が良いでしょう。
また、市販薬を何日か使用しても、効果が出ない時にも、婦人科で受診をする必要があります。

カンジダ症に効果がある市販薬

カンジダの市販薬ですが、次のような種類が現在発売されています。

フェミニーナ膣カンジダ錠
こちらは膣錠で一日一錠を膣内の出来るだけ奥の方まで挿入します。
2~3日で症状は治まって来ますが。
白癬菌をしっかりと殺菌させるためには、6日間は挿入することが大切です。
メディトリート膣坐剤
こちらも同じく膣内に挿入するタイプです。
ミコナゾール硝酸塩により膣カンジダの再発に効果があります。
就寝前に挿入するようにして下さい。
フレディCC膣錠A
こちらは新発売で、付属のアプリケーターにより、確実に膣の奥まで挿入が出来るしくみになっています。
こちらも就寝前に挿入することで、膣から流れ出る事を防止できます。
エンぺシドL
こちらはイミダゾール系の抗真菌成分クロトリマゾールにより、カンジダの再発に効果があります。
ダイフルカンジェネリック錠
こちらはネットでの販売による内服薬になります。
一日1回の服用です。

個人輸入での購入になります。
これらと、併用してそれぞれの症状に合わせた軟膏やクリームなどを使えば、広範囲の痒みなどにも対応できます。
ただし、カンジダ菌は膣内にあるため、軟膏やクリームのみでの対処は出来ません。

また、カンジダは性交渉により、パートナーに移してしまう可能性もあるため、発症したらパートナーにも治療をしてもらう必要があります。
口内のカンジダの市販薬としては、抗真菌剤の入ったうがい薬などで対処すると良いですが、悪化してきたらすぐに受診をしましょう。
症状が治まってからも、入浴の際には石鹸などでゴシゴシこすって洗うと刺激なるので、ぬるま湯のみで洗いましょう。
また、睡眠不足や栄養不足、ストレスなどに気を付けて疲労を溜めないよう心掛け、再発しないようにしましょう。